プロ野球亭日乗BACK NUMBER

選手会が打ち出したWBC参加拒否。
“大人の事情”だらけの真相とは? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/08/06 10:30

選手会が打ち出したWBC参加拒否。“大人の事情”だらけの真相とは?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2009年の第2回WBCでは決勝で韓国を下し、連覇を達成。日本中が歓喜に沸いた。果たして、あの興奮を再び味わう機会は訪れるのか。交渉の行方が注目される。

WBCIとの折衝を読売新聞が仕切るのも“大人の事情”。

「大会スポンサーの権利を返せ」という選手会の要求とは本質的には違う“大人の知恵”から生み出された解決策だ。しかも、この交渉をしているのがNPBではなく、日本ラウンドを仕切っている読売新聞の関係者というのもまた“大人の事情“かもしれない。だが、それでもこの交渉がうまくいけば問題は一気に解決することになるだろう。

「実は選手会の関係者にもこの話は届いているはずで、そこを落としどころに参加の方向に転ずるはずです。ただ、その辺の事情は新井会長を含めて選手会内部でも、どこまで知っているのかは判らない」

 こう語るのはある大会関係者だ。

 これもまた、“大人の事情”、というわけである。

選手会が振り上げた拳を下ろすための落としどころは?

「選手会は最初から要求が通らなければ絶対に参加しないということではない。むしろMLBに自分たちの主張をすることに意味があったのでは……」

 こう推測したのはあるスポーツ紙のデスクだった。

「だから不参加を決議したら、思いのほかにファンの支持を得た事にむしろ戸惑っていた節もあった。ただ、最終的には独自のスポンサーの権利が認められることで“納得はできないが、ある程度、主張は認められたのでファンのために苦渋の決断で参加する”ということになるでしょう」

 臨時大会で不参加決議をした直後、何人かの選手に話を聞くと「出たかった」という意見がほとんどだったが、そんな最悪の事態も回避されることになるのだろう。

 となると、そんな“大人の事情”を知らずに、戸惑っていた選手たちが、ちょっとかわいそうに思えるのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
新井貴浩

プロ野球の前後の記事

ページトップ