NumberEYESBACK NUMBER

甲子園目前で惜敗した
未完の大器・大谷翔平。
~日米のスカウトが語るその才能~ 

text by

神田憲行

神田憲行Noriyuki Kanda

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/08/05 08:00

甲子園目前で惜敗した未完の大器・大谷翔平。~日米のスカウトが語るその才能~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

準決勝での球速160kmは、寺原隼人を越え高校生記録だ。

 いよいよ甲子園本大会が始まる。全国から多くの才能が結集するが、そこで見られない大物投手がいる。

 岩手大会の決勝戦。マウンドに集まる盛岡大付の選手たちの歓喜の輪をちらりとみて、花巻東のエース・大谷翔平は大きな背中を揺らして三塁側ベンチに戻っていった。その姿を見て、筆者は「彼の才能を育てるには3年間ではまだ足りないのか。それほど大きな才能なのか」という感慨にとらわれた。まさかの5失点を喫し、甲子園直前での敗退だが、それが大谷の評価を減じることにはならないだろう。

 起伏の多い3年間を過ごしてきた。

 入学時、佐々木洋監督は、センバツ準優勝の偉大な先輩・菊池雄星を乗り越えることを大谷に課した。そのために大谷は、日本最速となる《163km》という目標を記した紙をトレーニングルームに貼る。前人未到の高校生160kmを目指す旅が始まった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 998文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平
佐々木洋
花巻東高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ