スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

スペインは、若くナイーヴだった……。
金メダル候補と言われることの難しさ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2012/07/27 12:25

スペインは、若くナイーヴだった……。金メダル候補と言われることの難しさ。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

何度もドリブル突破を図る永井に対し、たまらずイニゴ・マルティネスがファウルをしてレッドカード。先制された動揺からか、スペインはこのシーン以外にも何度もラフプレーやミスを繰り返した。

再び金メダルに挑む中村美里のたくましい姿を見て……。

 オリンピックという場は不思議なもので、金メダルが有力な選手でもナイーヴであることから自由ではあり得ない。

 たとえば、柔道。お家芸だけに、選手たちが引き受けるプレッシャーは想像を絶するものがある。

 4年前、19歳でオリンピック代表となった女子52キロ級の中村美里にとって、初めての大きな国際大会がオリンピックだった。

「先輩方ばかりで、自分は後ろをついていくようなものでした」

 戦い方がまだまだナイーヴだった。技は限られ、結果は3位。メダル獲得とはなったが、それでも「金メダルしか考えていなかったので」とコメントし、柔道家らしいところを見せた。

 あれから4年。世界選手権でも二度、頂点に立った。もはやナイーヴな面は、中村からは見られない。金メダル候補の筆頭といっていい。

 しかし、柔道の神様は中村に最後の試練を課した。初戦で、北京オリンピックで敗れた相手、アン・グムエ(北朝鮮)との対戦が濃厚となった。

 面白いじゃないか。もうナイーヴになる必要はない。自分らしく、戦ってくれ。

関連記事

BACK 1 2
中村美里
スチュアート・ピアース
ライアン・ギグス
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ