SCORE CARDBACK NUMBER

国内女子ツアーの危機?
日韓の実力を分けるもの。
~岡本綾子が語る“違い”とは~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2012/07/12 06:00

国内女子ツアーの危機?日韓の実力を分けるもの。~岡本綾子が語る“違い”とは~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

2010年、2011年と賞金女王に輝いたアン・ソンジュ。今季も全美貞に次いで2位につけている。

 日本女子ツアーが韓国人選手に席巻されている。今季、7月1日までの17試合で韓国人の優勝が9回。中国人のフォン・シャンシャンの1回を加えると、実に半分以上の大会で日本人以外の選手が勝っていることになる。

 特にワールドレディス・サロンパス杯からニチレイレディスまでの7試合はすべて外国勢(韓国人6勝、中国人1勝)が優勝した。

 アース・モンダミン杯で服部真夕が最終日最終ホールにイーグルを奪って逆転優勝を果たし、“8週連続”の屈辱は免れたが、そもそも韓国人選手の躍進は今に始まったことではない。

 一昨年、昨年と2年連続でアン・ソンジュが賞金女王に君臨しているし、今季も賞金ランクトップ10の中に5人の韓国人の名前がある(7月1日現在)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO2012 FINAL~スペイン無敵の2連覇~

関連記事

フォン・シャンシャン
アン・ソンジュ

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ