野球善哉BACK NUMBER

オリックスで孤軍奮闘のイ・デホは、
本物の“アジアの大砲”になれるか? 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2012/06/04 12:40

オリックスで孤軍奮闘のイ・デホは、本物の“アジアの大砲”になれるか?<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

韓国ではボール球の範囲までヒッティングゾーンを意図的に広くして積極的に打っていたというイ・デホ。日本でも最近ようやくストライクゾーンにこだわらない覚悟ができ、それから好調になったという。

「イの後を誰が打つかが鍵になってくる」(岡田)

 開幕して日本野球に順応するまで少し時間はかかったが、一つ目の山を越えたというところだろうか。

 水口栄二打撃コーチは言う。

「開幕したころは、苦しんでいたと思いますけど、今は、日本の野球に慣れてきたということでしょうね。柔らかくバットが振れる選手なので、活躍できると思っていた。やはり、順応力が今までの選手とは違う部分じゃないでしょうか」

 岡田監督は「イの後を誰が打つかが鍵になってくると思うよ。今はバルディリスがやっとるけど、後ろのもんがカバーせなアカン」と危惧している。

 イ・デホの活躍が目立てば目立つほど、当然、マークも厳しくなる。5番打者が弱ければ、イ・デホに無理な勝負はしてこないだろうし、勝負してきたとしても、ぎりぎりのコースを突くという攻め方になる。そうなれば、イ・デホは難しい球を打ちにいかなければいけない。

「アジアの大砲」となって、不運なオリックスを救えるか?

 オリックスにとって不運なのは、この主砲が復活したタイミングで偶然にも“チームの骨格が崩れてしまった”ことだ。

 先述したようにイ・デホは、左打者偏重の打線に右の要素を加える打者であったはずなのだが、それ以前にチームの屋台骨であったはずの坂口やT-岡田が故障で離脱してしまっているのだ。さらに後藤までが絶不調で……イ・デホひとりでチームを背負わなければいけない状況に陥っている。

 それでもイ・デホだけは、悲観するそぶりも見せていない。

 6月2、3日の巨人戦では2試合で8打数5安打と固め打ち。チームとしての課題は多いが、彼に関しては順調そのものである。

「相手投手がどうであるか。関係ない。大事なのは自分自身だと思う。ボールに悩まずに積極的にスイングする。自分自身をコントロールできれば、大丈夫だと思う」

 全てを見透かし、澤村をまるで子供扱いしたような打棒はまだまだ凄みを増していきそうだ。

「ヒットを打った・打たないではなく、良い打席をむかえられている」

 韓国からきた“本物の大砲”は日本野球界を席巻するかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
オリックス・バファローズ
イ・デホ
岡田彰布

プロ野球の前後の記事

ページトップ