野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

「働け!」「仕事しろ!」の集中砲火。
阪神・新井貴浩という異能選手。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2012/05/30 10:31

「働け!」「仕事しろ!」の集中砲火。阪神・新井貴浩という異能選手。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

とにかくチームのために献身的にプレーを続ける新井貴浩。プロ野球選手会の会長として統一球問題に積極的に取り組んだりと……本当にイイ人なのです。「僕たちは優勝を目指しているわけだから」と語るなど、まだまだ諦めずチーム浮上を目指す!

「新井はあらゆる不満のハケ口」と応援団の嶋野氏。

 いい人だからか。マジメで必死故に、からかいやすいからなのか。金本の弟分として、イジられる役回りが定着しているからなのか。はたまた、たまに間の抜けたエラーや凡ミスで城島にドツかれてしまう愛らしさ故なのか……。

 一体、何故、こんなことになってしまったのだろうか。

 阪神タイガース私設応援団 統括本部長の嶋野浩氏は語る。

「確かに新井選手に対するヤジは年々増えていまして、今が一番多いかもしれへんなと、僕らも感じています。やっぱり、4番打者として期待されていた中で、チャンスで打ってくれない、結果を出さへんから、みんなイライラが募っているような気がしますね。金本の場合は調子が悪くても、これまで結果を出してきたし、やっぱり偉大な選手ですから変なヤジはないんですよ。ただ新井の場合は、ベンチに対しての不満や他の選手の調子が悪いことも含めて、全てのハケ口になっている気がします。まぁ、それも期待故のことや思うねんけど」

チャンスで打てない打点王にファンの苛立ちが集中。

 最近では個人応援歌も「ひと振りで終わる 男新井 熱きその思い カラまわーりー♪」と替え歌されているというが、今年、ここまでの成績(5月28日現在)は、打率が.239(セ・リーグ22位)ながらも、25打点(セ・リーグ2位タイ)4本塁打(9位タイ)と、客観的に見るとそこまで悪い成績ではないような気がする。しかし、身内の阪神ファンにはそうは映らないようだ。

「どうでもいいところで打点を稼ぐクセに、試合を決める重要な場面では絶対に打ってくれへん。昨年も打点王になったけど、同時に失策王と併殺打王。4番だって2回も外されとるやろ。今年もチャンスをことごとくフイにしてあっちゅうまに4番を外されとるし、結局は4番の器じゃないと首脳陣からもレッテルを貼られているということやね」(50代・チカダさん)

「僕は新井選手のファンなんですけど、無死ランナー1塁ならゲッツー。チャンスなら凡フライか三振。打点を稼ぐのはどうでもいい場面と、ここ何年かの積み重ねで新井にはそんなイメージがファンにも首脳陣にも過剰につきすぎてしまっているような気はします。そういう意味で損なキャラクターかもしれないですね。確かにチャンスに弱いかもしれませんけど、悩んで悩んで打った時の感激がある。これからも応援しますよ」(30代・スエモリさん)

【次ページ】 マジメで一生懸命なのに、何故こんなにもヤジられる?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
新井貴浩

プロ野球の前後のコラム

ページトップ