欧州CL通信BACK NUMBER

ドログバ、名誉挽回のラストチャンス。
チェルシー悲願のCL初制覇なるか!? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/05/18 10:32

ドログバ、名誉挽回のラストチャンス。チェルシー悲願のCL初制覇なるか!?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2008-09年の欧州CL準決勝バルセロナ戦で、PKをとらなかった主審に喰ってかかりイエローカードを出されてしまったディディエ・ドログバ。この年のチェルシーは、負けていないにもかかわらずアウェーゴール裁定で決勝進出を逃している。

出場停止のラミレスの穴を埋める戦力は十二分。

 サイドでは、ラミレスの出場停止が痛い。守備能力の高いブラジル人MFは、準決勝で1ゴール1アシストを記録したように、そのスピードがカウンターでも敵への脅威となっていた。

 但し代役には、献身的なプレーができるサロモン・カルーがいる。

 カルーは、ラウル・メイレレスが出場できないボランチで先発が濃厚なジョン・オビ・ミケルと共に、監督交代を機に先発の機会が増え、モチベーションが高まっている選手だ。

 逆サイドには、対照的にディマッテオの下で出場時間が減ったが、最終節で90分間のウォームアップの機会を与えられた、ダニエル・スタリッジを起用できる。カルーとスタリッジの両FWは、フローラン・マルダとマイケル・エッシェンの両ベテランMFを、運動量とスピードで上回る。前線でのプレスが徹底されれば、出場停止のホルガー・バドシュトゥバーほど足下が得意ではない、相手CBコンビのフィードミスを誘って、一気にゴールを狙うチャンスさえ作り出せる。

懸念材料はぽっかり空いたセンターラインの穴埋めだ。

 ダブルボランチには、アウトサイドへの警戒心を高めてもらわなければならない。バイエルン最大の脅威は、アリエン・ロッベンとフランク・リベリーの両翼。

 ターゲットマンであるマリオ・ゴメスへのクロスの他、左利きのロッベンが右、右利きのリベリーが左サイドを主戦場とする両ウィンガーは、カットインからのシュートが怖い。ミケルとコンビを組むはずのフランク・ランパードは元来攻撃的だが、SBへの支援を怠らず、確実にインサイドを切る必要がある。

 最終ラインの中央に不安があるとなれば尚更だ。ジョン・テリーとブラニスラフ・イバノビッチは、それぞれ、準決勝での一発退場と警告累積で出場できない。

 ギャリー・ケーヒルとダビド・ルイスは、共に怪我(ハムストリング)復帰中で、時間との戦いに勝たなければ、決勝で戦力とはならない。

 安定感ではケーヒルが勝るが、復帰の確実性が高いのはルイス。準決勝第2レグで負傷したケーヒルが間に合わなければ、右SBが本職のジョゼ・ボジングワがCBに回る緊急事態となる。

【次ページ】 名誉挽回の好機にかけるドログバの心中や、いかに!?

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ディディエ・ドログバ
チェルシー
バイエルン
ロベルト・ディマッテオ
フアン・マタ
ラミレス
サロモン・カルー
ラウル・メイレレス
ジョン・オビ・ミケル
ダニエル・スタリッジ
フローラン・マルダ
マイケル・エッシェン
アリエン・ロッベン
フランク・リベリー
マリオ・ゴメス
ジョン・テリー
ブラニスラフ・イバノビッチ
ギャリー・ケーヒル
ダビド・ルイス
ペトル・チェフ
アシュリー・コール
フィリップ・ラーム
ルイス・グスタボ
フェルナンド・トーレス
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ