ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

香川のドルトムントがブンデス2連覇。
偉業をもたらした「信じる」気持ち。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2012/04/23 12:40

香川のドルトムントがブンデス2連覇。偉業をもたらした「信じる」気持ち。<Number Web> photograph by AP/AFLO

4月21日のボルシアMG戦、優勝を決定づける2点目を挙げ、クロップ監督と共に喜ぶ香川真司。昨季は、リーグ前半戦MVPに輝きながらも怪我によって長期離脱した香川だったが、今季は欠場わずか3試合。13得点(32節終了時点)を挙げ、文字通りエースとしての活躍を見せた。

ブンデスリーガ史上初の勝ち点81を狙うドルトムント。

 結局のところ、成功する者たちと、そうでない者たちとをわけたのは、サッカーのクオリティというよりも、何を信じて、どんな気持ちで戦うかという姿勢だったのだ。

 優勝を決めた直後に香川が語った言葉も、現在のドルトムントを象徴しているように聞こえる。

「僕自身、(調子の上がらなかった)前半戦のプレーが全てじゃないというのは感じていたし、チームとしてもそう。だから、後半戦には自分がやれると信じて、やってきた。それが後半戦(の快進撃)につながったと思うので。そう簡単にいかないシーズンでしたけど、信じ続けてやることが大切だと思う。その精神的な強さを、今シーズンは身につけられたのかな」

 クロップ監督とともに、自分たちのサッカーを信じ続けてきたドルトムントの選手たちは、シーズンの残り2試合を連勝で飾ろうと考えているという。勝ち点をさらに6積み上げれば、ドルトムントの今季の勝ち点は81となる。

 勝ち点81を記録したチームは、長いブンデスリーガの歴史上で、他にはない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
ドルトムント
香川真司
ユルゲン・クロップ
バイエルン
アリエン・ロッベン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ