欧州CL通信BACK NUMBER

バルサもレアルも苦戦必至!?
因縁だらけの欧州CL準決勝。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph bypicture alliance/AFLO

posted2012/04/16 11:30

バルサもレアルも苦戦必至!?因縁だらけの欧州CL準決勝。<Number Web> photograph by picture alliance/AFLO

バイエルンを率いるユップ・ハインケス監督は、1997-1998シーズンにレアル・マドリーで監督を務め、欧州CLを制覇している。「私たちよりもスペインの2クラブは少し優れているようだ。しかし、バイエルンはレアル・マドリーと戦ってきた歴史もあり、それはこちらに相当有利な戦績だった。私たちがレアルを追い出すことは可能だと思う」とコメントした。

バルサ対策で試合はつまらなくなるが、怒る人はいない。

 バルサに挑むリーガのチームやくだんのミランは、そうやってバルサのボール廻しにブレーキをかけてきた。あとは我慢較べである。

 試合はつまらなくなるが、この段階でそこを責める人はいない。

 チェルシーとバルサは過去のノックアウトラウンドで5回対戦し、バルサが4回勝ち抜けている。ただしスタンフォード・ブリッジでの試合だけに目をやると、結果はチェルシーの6戦4勝1敗1引き分けになる。  

 これを根拠に勇気を持ち、勝てないまでも引き分けて、カンプノウでの第2レグでもゴールを決めての引き分けを狙う。

 即ち、180分のゲームプラン。チェルシーが王者バルサを越えて決勝へ進むためにはそれが必要だ。

関連記事

BACK 1 2 3
チェルシー
バイエルン
バルセロナ
レアル・マドリー
シャビ・アロンソ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ