SCORE CARDBACK NUMBER

フェデラー現役続行明言。
限界説はね退け好調続く。
~「BIG4」のバランスを変えるか?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2012/04/02 06:00

フェデラー現役続行明言。限界説はね退け好調続く。~「BIG4」のバランスを変えるか?~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

今季全豪で相性の悪いナダルと接戦を演じ、持ち味の攻撃的なテニスを見せたフェデラー。

 この2月以降、ロッテルダム、ドバイと、出場した2大会に連続優勝。ロジャー・フェデラーが好調だ。

 昨季は2002年以来の四大大会無冠に終わったが、終盤戦で驚異的な巻き返しを見せた。11月にはバーゼルの決勝で錦織圭を一蹴すると、翌週のパリも優勝。さらに、上位8選手だけが出場できるツアー最終戦も制した。年が改まっても勢いは衰えていない。全豪は準決勝でラファエル・ナダルに惜敗したが、ドバイの決勝では「BIG4」の一角、6勝8敗と苦手にしていたアンディ・マリーに快勝し、通算72個目の栄冠を手にした。

「大会ごとに調子が上がっている。この先も楽しみだよ。もう何カ月も、そして今現在も、いいプレーができているからね」と30歳のベテランはご機嫌だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ロジャー・フェデラー
ラファエル・ナダル
ノバク・ジョコビッチ
アンディ・マリー
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

テニスの前後のコラム

ページトップ