SCORE CARDBACK NUMBER

デ杯クロアチア戦敗退と、
代表に走った更なる衝撃。
~テニス日本代表監督の辞任~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiroshi Sato/Mannys photography

posted2012/02/27 06:00

デ杯クロアチア戦敗退と、代表に走った更なる衝撃。~テニス日本代表監督の辞任~<Number Web> photograph by Hiroshi Sato/Mannys photography

クルム伊達の元コーチでもある竹内監督(右)が、愛情を注いで代表をWG復帰まで育てた

 デビスカップで27年ぶりにワールドグループに復帰した日本は、1回戦でクロアチアに敗れた。身長208cmの巨漢イボ・カロビッチが、時速200km超のサーブを武器に、日本の前に立ちふさがった。野球で長身投手の投球を「2階から投げ下ろすような」と形容するが、彼のサーブがまさにそうだった。

 サーブというのは実は、上からたたくものではない。標準的な身長の選手が上からたたいたとすれば、ボールはネットを越えない。そこで、打ち上げるようにしてボールに回転をかけ、コートに収めるのだ。ところが、カロビッチだけは別。まさに上からたたきつける常識破りのサーブに、錦織圭も「受けたことがないサーブだった。あのスピードではどうしようもない」とお手上げだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

錦織圭
竹内映二
添田豪
伊藤竜馬
杉田祐一

テニスの前後のコラム

ページトップ