SCORE CARDBACK NUMBER

一流にまた一歩近づいた、
伊藤竜馬の努力と素顔。
~錦織圭の1歳年上の“新星”~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2012/04/24 06:00

一流にまた一歩近づいた、伊藤竜馬の努力と素顔。~錦織圭の1歳年上の“新星”~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

3月の京都チャレンジャーを制した伊藤。添田豪らと共に、1歳年下の錦織の背中を追う。

 3月19日付けの世界ランキングで伊藤竜馬は94位となり、100位の壁を初めて破った。京都チャレンジャーで初優勝し、一気に11人を抜き去ったのだ。2桁のランキングは海外では一流選手の証。18歳でツアー初優勝した錦織圭のような一大飛躍はなかったが、着実に力をつけ、'06年12月のプロ転向から約5年かけて、この地位に到達した。

 名前の「竜馬」は、坂本龍馬にあやかろうと両親が名付けた。ただ、平成のテニスプレーヤーは「たつま」と読ませる。本人もTVアニメで見た龍馬に憧れ、その主人公のように「いつも明るく、人には優しく、なおかつ強い」テニス選手になりたいという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 615文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

伊藤竜馬

テニスの前後のコラム

ページトップ