欧州CL通信BACK NUMBER

モウリーニョの策にバルサが完敗。
世界最高の頭脳は何を考えたのか? 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/04/21 11:45

モウリーニョの策にバルサが完敗。世界最高の頭脳は何を考えたのか?<Number Web> photograph by Getty Images

なぜバルサはいつもの戦い方ができなかったのか?

 それでは、何故バルサのリズムは生まれなかったのか。

 そこには一人の選手の絶大な貢献があった。

 スナイデルの献身である。

 この試合、スナイデルには守備面で重要なタスクが与えられていた。それが、バルサの攻撃の起点、シャビへの時間とスペースを消すというものだった。

 インテルのフォーメーションは4-2-3-1。トップ下のポジションに入ったスナイデルは、守備時には常にシャビをケアし、パスコースを消して自由にプレーさせないようにした。

 今季のバルセロナは、3冠を達成した昨季のチームよりも、個への依存が高まっている。現在、このチームの攻撃を生み出しているのは、シャビとメッシの二人。特に中盤のパスワークにおいてシャビの存在は大きく、相手にとっては昨季よりも焦点が絞りやすいのだ。

徹底的にシャビとメッシを抑え込んだモウリーニョ。

 この試合ではスナイデルがシャビという出所を上手くケアし、そして全く元気のなかったメッシには、カンビアッソとモッタの二人のMFに、時には左サイドバックのサネッティまでも加わって取り囲んだ。

 インテルはある意味、サイドを捨てていたともいえる。

 右サイドを上がったアウベスがクロスを上げるシーンは何度もあったが、モウリーニョはそこにはそれほど集中しなかった。クロスへの対応は、ルシオとサムエルという屈強なCBに任せ、むしろその手前のスペース、つまりメッシやシャビが使うための場所を埋めることに集中した。

「ほぼ完璧な試合だった。失点さえなければ、完璧だったがね」

 試合後にモウリーニョは語っている。 

火山噴火により長時間のバス移動を強いられたバルサ。

 バルセロナの選手にいつものキレがなかったのも確かだ。

 アイスランドの火山噴火により、バルセロナはバスでミラノ入りしている。道中にフランスのカンヌで一泊するなど、丸1日かけて現地入りしたバルサ一行。コンディション的に明らかに整っておらず、特にボールを受ける動きの少なさには驚かされた。

 1点が欲しかった後半42分、ゴール前中央でシャビがボールを持つも、誰も動き出さないというシーンがあった。

 FWは止まったままで、サイドの選手も動かない。珍しく全身で怒りをあらわにしたシャビ。いつものバルサとはかけ離れた姿がそこにはあった。バルサにとっては今シーズンでワーストの内容と言ってもいいだろう。

【次ページ】 1週間後のカンプノウはスペクタクルな撃ち合いになる!

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

インテル
バルセロナ
ジョゼ・モウリーニョ
スナイデル
ディエゴ・ミリート

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ