欧州CL通信BACK NUMBER

モウリーニョの策にバルサが完敗。
世界最高の頭脳は何を考えたのか? 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/04/21 11:45

モウリーニョの策にバルサが完敗。世界最高の頭脳は何を考えたのか?<Number Web> photograph by Getty Images

1週間後のカンプノウはスペクタクルな撃ち合いになる!

 1点を決めたペドロは「バス移動の疲労は言い訳にはできない。1点をとることができたし、カンプノウのサポーターの前では逆転も可能だ」と語っているが、2点の差は、決して小さなものではない。

シャビとメッシという、攻撃の源泉に蓋をし、手数をかけない攻撃でさらりと3点を奪ったインテル。

 さて第2戦、バルサ相手に守りきろうとするのは危険だと分かっているであろうモウリーニョは、アウェーゴールを奪いに攻めに出てくるはず。

 そして点を奪わなければならないバルサ。スペクタクルな撃ち合いとなる可能性は大だ。

 モウリーニョは、今度はメッシとシャビにどんな包囲網を仕掛けてくるのか。そして、それにグアルディオラはどう対抗するか――。

 1週間後のカンプノウが、今から楽しみでならない。

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

インテル
バルセロナ
ジョゼ・モウリーニョ
スナイデル
ディエゴ・ミリート

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ