野球善哉BACK NUMBER

“上原二世”と呼ばれた元巨人ドラ1。
村田透が米国で一世一代の大勝負! 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/03/02 10:30

“上原二世”と呼ばれた元巨人ドラ1。村田透が米国で一世一代の大勝負!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2007年秋、ドラフト1位で巨人に入団した際の村田透(写真中央)。同期には、藤村大介、中井大介らがいた。他チームでは、佐藤由規(ヤクルト)、唐川侑己(ロッテ)、中田翔(日ハム)らがいる

「野球選手として1回死んで、気づけたことも多かった」

 シーズンが終わると、村田はパナマへ向かった。

 ウインターリーグに参加するためだ。ローテーションの1番手としてレギュラーシーズン8試合、ポストシーズンで2試合に登板、奪三振王のタイトルを獲った。パナマでは1Aの選手だけでなく2Aや3Aの選手との対戦も多く経験したが、それでも村田は十分に抑えることができた。1年間での成長をパナマで見せつけたのである。

 今の村田に感じるのは逞しさだ。

 アマチュア時代に数度インタビューをしたことはあったが、当時とは比べ物にはならないほどメンタル面でタフになっている。厳しい環境で野球を培ってきたことが、彼を強くさせたのだろう。

 シーズンを終え、日本に帰国したあと、身体一つでパナマのウインターリーグへ行った姿勢にも、そのタフネスさが表れている。

「僕が日本で活躍できなかったのは、どこかで自分への甘さがあったからだと思うんです。ジャイアンツでの3年間があったから、今の自分があると思っていますし、クビになったことで自分の甘さが分かって精神的に強くなれた。野球選手として1回死んで、気づけたことも多かった。今年は、本当に結果を残さないといけない年だと思っています。野球選手として、僕はまだ大した仕事もしていないので、やりきった感じがない。一番上のリーグ、メジャーに上がって活躍しないとやりきった気持ちにはならないと思います。結果を残していけば、チャンスはやってくると思う。僕に次はないんで、野球人生の勝負の年という気持ちで、結果を残したい」

かつて「上原二世」と呼ばれた村田はもう存在しない。

 もはや「上原二世」という呼び名は今の彼に何の意味もなさない。異国の地でゼロからスタートを切ったオリジナルな人生が彼にはあり、ここからが本当の勝負だからだ。

 3月4日の日曜日。村田はキャンプ地、アリゾナへと旅立つ。

 スプリングキャンプでの解雇もあり得るほど厳しい立場に再び身を置くことになるが、「先のことは考えないです。僕は、今を生きないといけない」と、日々全霊を傾けて生きる村田の姿勢は揺るぎない。

 ダルビッシュ有などたくさんの日本人選手がメジャーに活躍の場を移す今シーズン、ここにも一人、野球人生最大の勝負に挑む男がいる。

関連記事

BACK 1 2 3
村田透
上原浩治
クリーブランド・インディアンス
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ