NumberEYESBACK NUMBER

中部電力の全勝連覇で
ソチへの道は開けたか。
~カーリング代表選考法を再検証~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/02/28 06:00

中部電力の全勝連覇でソチへの道は開けたか。~カーリング代表選考法を再検証~<Number Web> photograph by AFLO

大会後、市川は「今なら海外チームに勝つ自信がある」と語った

 接戦に次ぐ接戦の末、今年の日本カーリング選手権は中部電力の2連覇で幕を閉じた。20歳のスキップ藤澤五月のもと、22歳のサードで主将の市川美余、21歳のセカンド清水絵美、22歳のリード佐藤美幸。この若いチームが、近年では比較的珍しい、予選リーグから決勝トーナメントまで、全勝で優勝を果たした。

 決勝は、五輪出場2回の本橋麻里が率いるLS北見との対戦。中盤でミスが出てリードを許したものの、1点ビハインドの最終エンド、冷静に定石を置いて、本橋の1投が曲がり過ぎてミスになると、藤澤が最後の1投で的確にNo.1ストーンを奪い返し、逆転勝ちした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1143文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<Jリーグ20年記念>歴史を動かした20人。
藤澤五月
市川美余
清水絵美
佐藤美幸
小笠原歩
船山弓枝
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ