NumberEYESBACK NUMBER

本田圭佑、移籍破談で
いつまで続く“監獄”生活。
~CSKAにまつわる“何故”?~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/02/13 06:00

本田圭佑、移籍破談でいつまで続く“監獄”生活。~CSKAにまつわる“何故”?~<Number Web> photograph by Getty Images

右ひざに不安を抱える本田。CLレアル戦までの復帰が当面の目標

 ロシア人の辞書に「譲歩」という単語は存在しないのだろうか。

 イタリアの報道によれば、ラツィオは本田圭佑獲得のために1400万ユーロ(約14億円)の移籍金を用意したが、CSKAモスクワは1600万ユーロ(約16億円)という最初の提示額を一切譲らず、さらに分割払いを認めなかったため、交渉は決裂した。本田とラツィオの間では年俸等の条件面で合意済みと言われていただけに、悔やまれる結果となった。

 それにしてもCSKAは、なぜ金銭面で一切譲歩しなかったのか? クラブの全権を握るロマン・ババエフGMは、以前こう語っていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

CSKAモスクワ
本田圭佑
ラツィオ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ