SCORE CARDBACK NUMBER

懐疑派も信奉者へと変えた、
天才少年のNBAデビュー。
~21歳のルーキー、R・ルビオ~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/01/27 06:00

懐疑派も信奉者へと変えた、天才少年のNBAデビュー。~21歳のルーキー、R・ルビオ~<Number Web> photograph by Getty Images

パスセンスに加えて守備力も優れ、スペイン時代にはACB最優秀ディフェンス賞を受賞

「6年前から話には聞いていたけれど、30分前に初めて見かけた。思わず『本物だ』と思ったよ」とおどけたコメントをしたのは、オクラホマシティ・サンダーのヘッドコーチ、スコット・ブルックス。彼が初めて見た相手とはスペイン出身、21歳のルーキー、リッキー・ルビオ(ミネソタ・ティンバーウルヴス)だ。

 14歳でプロデビューしたルビオは、アメリカでも天才バスケ少年として知られた存在だった。ただ、アメリカからすると海を越えたヨーロッパでのこと、どこか想像上の人物のようでもあったのだ。スペイン・リーグでのスタッツは別段ずば抜けていたわけでもなく、インターネットのハイライト映像でセンスあるプレーを見て興奮する人たちがいる一方で、NBAで活躍できるのか懐疑的な人たちも多かった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 570文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

リッキー・ルビオ
ミネソタ・ティンバーウルヴス

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ