SCORE CARDBACK NUMBER

“シンデレラ物語”を叶えた、
ペイサーズHCの足跡。
~ボーグルがNBAに描く大きな夢~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/02/12 08:00

“シンデレラ物語”を叶えた、ペイサーズHCの足跡。~ボーグルがNBAに描く大きな夢~<Number Web> photograph by Getty Images

今季ペイサーズは効果的な補強と若手の順調な成長もあり、2月9日現在で17勝8敗と好調

 インディアナ・ペイサーズのヘッドコーチ、フランク・ボーグルの父は、去年7月に38歳で正式にNBAヘッドコーチになった息子のことを「フォレスト・ガンプのようだ」と喩える。その心は、「いいタイミングで、いい場所にいたから」。ガンプ風に言えば、“奇跡は毎日起こった”というわけだ。

 確かに、ボーグルの経歴には巡りあわせと奇跡がちりばめられている。大学4年次に、将来プロコーチになりたいと志し、無名校から強豪ケンタッキー大に編入。当時の同大ヘッドコーチ、リック・ピティーノとアシスタントコーチ、ジム・オブライエンのもとで、二軍選手としてプレーしながらビデオ・コーディネイターの仕事を身につけた。数年の経験を積んだ頃にピティーノがセルティックスのヘッドコーチになり、ボーグルも活動の場をNBAに移した。その後オブライエンがシクサーズ、ペイサーズのヘッドコーチになると、その度にアシスタントコーチとしてチャンスを与えられた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 477文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

インディアナ・ペイサーズ
フランク・ボーグル

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ