テニスPRESSBACK NUMBER

己のスタイルを貫き通した錦織圭。
アンディ・マリーとの激戦の内幕。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/01/26 11:45

己のスタイルを貫き通した錦織圭。アンディ・マリーとの激戦の内幕。<Number Web> photograph by Getty Images

試合中、何度かラケットを放り、靴ひもを結び直し、空を見上げ、気持ちの切り替えを図っていた錦織圭。あと少し……が積み重なってストレート負けにつながった

「トップの選手に勝つには足りないところが沢山ある」

 今はその現実と向き合うしかない。

 しかし、四大大会の準々決勝という舞台でBIG4の一角と戦ったことは、得難い経験となったはずだ。

「トップの選手に勝つには足りないところが沢山あると教えられました」と錦織。

 コートサイドで観戦した父親の清志さんも、同じ言葉を口にした。「足りないところが明確になった。これで次のステップに入っていける。それが今日のお宝」。

 錦織は、精根尽き果てた、といった様子で敗戦の苦みを噛みしめていた。

「マリーのような選手に勝てるようになるには、もっと強くならないといけない」

 この苦みは明日への糧となるに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
アンディ・マリー

テニスの前後の記事

ページトップ