球道雑記BACK NUMBER

いきなり監督で大丈夫!?
日本ハム栗山新監督、名将の可能性。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/11/26 08:01

いきなり監督で大丈夫!?日本ハム栗山新監督、名将の可能性。<Number Web> photograph by KYODO

目指す野球は「ハラハラドキドキする野球」という栗山監督。「今後10年間は4番を打てる、長打力があって率も残せる選手を育てるのが課題」と、さっそく来春の方針を披露している

名将と同じ背番号80の新監督は「魔術師」になれるか?

「こんな向こう気の強い男は見たこともない。怖いもの知らず。きっと監督の『ああせい、こうせい』の指示にも従うとも思えない」(『風雲の軌跡』より)

 三原氏はこのときの豊田にあえて自分の意思とは真逆のことを伝え、この局面を豊田自身の判断に託そうとしたのだ。

 このシリーズ、この時点で豊田は4本の本塁打を放っていた。まさに“シリーズ男”の状態だった豊田だが、彼がとった行動はヒッティングではなく送りバントだった。

 結果このバントが味方打線の同点打を呼び、ついにはサヨナラ勝ち、奇跡の逆転日本一まで繋がっていく。

 三原氏は自著『風雲の軌跡』にて、このシーンを遠心力野球の応用と書き記しているが、バッティング好調だった豊田のプライドを傷付けず、結果的に豊田のフォアザチームの精神をも引き出した、この采配はおいそれとは真似が出来るものではないだろう。

 そんな三原氏に尊敬の念も込めて、栗山氏は三原氏が監督時代に付けていた最後の背番号80番に自身の背番号を設定した。

 栗山新体制が本当の意味でベールを脱ぐのは、来年2月1日のキャンプインから。真価が問われるのはそれからである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
栗山英樹
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ