オリンピックへの道BACK NUMBER

世界体操、独走の個人総合3連覇。
団体で見えた内村航平の強靭な心。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byHiroyuki Nakamura

posted2011/10/24 10:30

世界体操、独走の個人総合3連覇。団体で見えた内村航平の強靭な心。<Number Web> photograph by Hiroyuki Nakamura

内村(左)が達成した男子個人総合3連覇は史上初の快挙。ロンドン五輪、2013年世界選手権での新技「ウチムラ」の成功を目標にさらに技を磨く

日本体操界のエースとして団体での金メダルを!

 個人総合3連覇、団体銀メダル、種目別の床で金メダル、鉄棒で銅メダルと4つのメダルを獲得した内村は、来年のロンドン五輪へ向かうことになる。

 今回の世界選手権では、団体で金メダルを獲得した中国に、種目別のスペシャリストはいても、個人総合を戦えるオールラウンダーが育っていないことがあらためて確認できた。強いてライバルとなりそうな選手を探すとすれば、個人総合とつり輪で銅メダルの山室光史、予選の途中まで好演技を見せた田中佑典など日本勢しかいないかもしれない。

 その現状からすれば、内村のロンドン五輪は、ここからどこまで進化した姿を見せて金メダルを手にすることができるかが注目される大会である。

 むろん、今回は惜しくも敗れた団体での金メダル奪取へ、エースとしての役割も担うことになる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内村航平
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後のコラム

ページトップ