プレミアリーグの時間BACK NUMBER

アーセナルはどこが問題なのか?
15年目のベンゲルへの不安と期待。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAction Images/AFLO

posted2011/10/14 10:30

アーセナルはどこが問題なのか?15年目のベンゲルへの不安と期待。<Number Web> photograph by Action Images/AFLO

10月のプレミア初戦でトッテナムに敗れ、ベンゲルに笑顔は戻らなかった。苦しい戦いが続くが、サポーターとフロントの後ろ支えで状況を変えることはできるか

ベンゲル信者のオーナーは「本人が望む限り続投」。

 危機脱出には経営陣による支援も欠かせないが、今春にアーセナルの筆頭株主となったスタン・クロンキは、「本人が望む限り続投させる」と断言している。オーナー歴は浅いが、10年以上前から「ベンゲルのアーセナル」に注目していたクロンキは、「世界有数の名将にして最高の人物」という大のベンゲル信者だ。

 サポーターにしても、先行きの不安から敗戦後に軽いブーイングを口にしつつも、その大半が、心の底ではベンゲルの手による復活を望んでいるのが実情。ブラックバーンに敗れた3日後のリーグカップ戦(3-1)で、4部リーグ勢との対戦にも駆けつけたコアなファンが連発した、「アーセン・ベンゲルしかいない」というチャントがその証拠だ。

 そして、何より当の指揮官が、窮地脱出はもちろん、その先にある成功に向かって意欲の炎を燃やしている。「ハンターの標的となる白クマのように、非難の弾丸を受け止めて前進し続ける」と退任説を一蹴し、「今後15年間の続投も望むところだ」と、静かだが力強く語ったベンゲル。昨季プレミアでは、9敗ずつのチェルシーとマンCが2位と3位、その前年度は10敗のトッテナムが4位という、希望の持てる近年の事例もある。15年連続のトップ4を目指す“崇高な白クマ”の最期を語るには、まだまだ時期尚早だろう。

関連記事

BACK 1 2 3
アーセナル
アーセン・ベンゲル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ