NumberEYESBACK NUMBER

女子バスケ日本代表が
越えねばならぬ壁。
~鎖国政策との決別を~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/09/21 06:00

女子バスケ日本代表が越えねばならぬ壁。~鎖国政策との決別を~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

海外経験が豊富な大神は、隼ジャパンの精神的支柱として奮闘した

 アジア3位――。それが、この夏、女子バスケットボール日本代表に突きつけられた現実だった。8月下旬に長崎県大村市で行なわれたFIBAアジア女子バスケットボール選手権大会で、韓国と中国に敗れ、アジア3位に終わったのだ。

 大会優勝国(中国)にだけ与えられるロンドン五輪の出場権を逃した日本は、2位の韓国とともに来年、五輪の直前に行なわれる世界最終予選の出場資格を得た。かろうじてロンドンへの希望を繋いだとはいえ、地元で大会を開催し、優勝を狙っていただけに、決して手放しで喜べる結果ではない。結局のところ、大会を通して格下の相手には順当に勝利をあげることはできたものの、格上の中国、韓国というアジア二強を相手に勝てる試合を落とし、勝たなくてはいけない試合では接戦に持ち込むこともできなかった。このままでは、世界最終予選突破も厳しい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

長岡萌映子
渡嘉敷来夢
大神雄子

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ