SCORE CARDBACK NUMBER

労使紛争の解決に奮闘する
“便利屋”フィッシャー。
~NBAの開幕が遅れる可能性も~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/09/17 08:00

労使紛争の解決に奮闘する“便利屋”フィッシャー。~NBAの開幕が遅れる可能性も~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

選手からの信頼が厚いフィッシャー。持ち前の堅実さをリーグ側との交渉で発揮できるか

 デレック・フィッシャーいわく、ロサンゼルス・レイカーズにおける彼の役割は“ハンディマン”(便利屋)なのだという。試合中でもコートを離れた時でも、修理が必要なところを直し、チームが勝つために必要なことを何でもやる。プレースタイルというよりも、それが彼のリーダーシップ術なのだ。

「スプリンクラーの故障でも、窓が割れても、ハンディマンなら何でも直せる。それが、僕がこのチームでやろうとしてきた役割だ」とフィッシャーは言う。

 言ってみれば、困ったときのお助けマン的な存在ということだろうか。ふだんは地味で目立たない仕事が多いが、プレーオフやNBAファイナルの大舞台で、逆転シュートを何度も決めてもいる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

デレック・フィッシャー
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ