SCORE CARDBACK NUMBER

立場変われば人変わる。
“経営者”ジョーダンの変心。
~バスケの神様が球団運営で苦悩~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/10/04 06:00

立場変われば人変わる。“経営者”ジョーダンの変心。~バスケの神様が球団運営で苦悩~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

ボブキャッツは昨シーズン東地区10位と低迷。労使争議もこじれ、バスケの神様も頭が痛い

 10万ドル、日本円にして800万円弱。シャーロット・ボブキャッツの筆頭オーナー、マイケル・ジョーダンが先日、NBAから科せられた罰金の額だ。8月半ば、オーストラリアの新聞社、ヘラルドサン紙の取材を受けたジョーダンは、オーストラリア人NBA選手、アンドリュー・ボガットの名前をあげ、彼が所属するミルウォーキー・バックスのような小都市チームでも勝利と収益の両方を追求して、スター選手が輝けるようなシステムが必要だと説いたのだが、これがいけなかった。

 話の内容は別に秘密事項でも何でもなかったが、リーグのかん口令を破ったのが問題だった。7月1日にロックアウトに突入して以来、NBAはチームのオーナーや雇用者たちに対して、公の場でロックアウトや現役選手について語ることを禁じている。ジョーダンもこのかん口令は知っていたはずなのだが、海外のメディア相手に気を緩めたのか、選手サラリーを一定額に抑えるハードキャップ制や収益分配制を含む新システムがなぜ必要なのかを、熱く語ってしまったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 464文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<永久保存版> F1鈴鹿伝説。~名勝負はセナとともに始まった~

関連記事

マイケル・ジョーダン
シャーロット・ボブキャッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ