SCORE CARDBACK NUMBER

2人の宮里がメジャーで
示した粘りとタフネス。
~韓国勢の牙城を崩せるか?~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2011/07/23 08:00

2人の宮里がメジャーで示した粘りとタフネス。~韓国勢の牙城を崩せるか?~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

予選ラウンドで首位の宮里美香(左)と2位の宮里藍は決勝ラウンドを最終組でまわった

 ゴルフは自然との戦いというが、それは雨や風、暑さや寒さだけを指すものではない。実際、先の全米女子オープンでは、幾度となく雷雨でプレーが中断された。そのために、翌日にプレーが持ち越される。選手は通常、1日18ホールで自分のゲームプランを立て、4日間の戦いのイメージを構築するものだが、今回のメジャーは、彼女たちにとって最悪のシナリオとなった。

 初日、午後3時過ぎに中断。翌日早朝に残りのホールを消化するも、60人の選手は第2ラウンドのスタートすらできなかった。3日目も、第3ラウンドが始まってすぐに雷雨で中断。本来、最終日となるはずだった4日目の早朝に残りをこなしたが、最終日のラウンドも最後まで消化できずに終わる選手もいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

非エリートの思考法。~乱世を生き抜く力をつけろ!~

関連記事

宮里藍
宮里美香

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ