Jリーグ観察記BACK NUMBER

Jリーガーが欧州の主力選手に。
“第2のハセベ”はどこにいる? 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2010/01/07 10:30

Jリーガーが欧州の主力選手に。“第2のハセベ”はどこにいる?<Number Web> photograph by Masahiro Ura

2009年のナビスコ杯決勝で25mの先制弾を決めMVPとニューヒーロー賞を獲得したFC東京の米本は、今年最も注目すべき選手の一人だろう

城福監督が発掘したFC東京の米本は注目に値する。

 今回、この中からクローズアップしたいのが米本だ。

 米本はサッカー界において、決してサラブレッドではない。中学生のときはほぼ無名の存在で、U-17日本代表監督の城福浩(現FC東京監督)が別の選手をチェックしに行ったところ目に留まった選手だ。一歩間違えれば、そのまま兵庫県で埋もれていたかもしれない。U-17W杯・アジア予選の直前には疲労骨折が見つかり、遠征メンバーから外れるという悔しさを味わったこともあった。それでもU-17W杯本番のメンバーには滑り込み、今季プロ1年目にもかかわらずFC東京のレギュラーに定着して、ナビスコ杯のニューヒーロー賞に選ばれた。これはかつて長谷部も受賞した賞だ。

長谷部との共通点が多い米本はブンデスでも即戦力!?

 他にも2人には共通点が多い。

 足が速く、球際のぶつかり合いを苦にせず、チームメイトから縦パスがうまいと評価され、さらにドリブルでボールを運ぶ力もある。24時間サッカーに打ち込むという姿勢も似ている。第2の誰々と呼ばれるのは迷惑な話かもしれないが、ドイツ人の代理人がブンデスリーガのクラブに売り込むときには、きっと「ハセベに近いタイプ」と説明するのではないだろうか。まだチームの流れが悪いと、それに飲み込まれて疲労を蓄積させてしまう傾向があるが、恩師・城福の下でさらに経験を積めば、安定感が増すはずだ。

 現在、日本サッカーは停滞期に突入しているように見えるが、少なくとも選手個人の力はヨーロッパのレベルに近づきつつある。再び代表経験の少ないJリーガーが欧州でサプライズを起こす日は、そう遠くないはずだ。

■関連コラム► 長友佑都が特殊な走法を身に付け、「戦えるサイドバック」に変身!
► 久々に現れた守備の逸材、FC東京の米本拓司。
► 大人から紳士へ──。プロ10年目にして覚醒した石川直宏。

コメント
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長谷部誠
米本拓司

Jリーグの前後のコラム

ページトップ