プロ野球亭日乗BACK NUMBER

マウンドの国際化で常識が覆される!?
“日本式投法”に未来はあるか――。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2011/06/28 10:30

マウンドの国際化で常識が覆される!?“日本式投法”に未来はあるか――。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

中央大学時代には最速157kmをマークしたこともある澤村。高校以来、鍛え上げてきた強靭な下半身が剛速球を支えているが……

マウンドを国際基準に合わせれば投球の常識が変わる!

 多くの日本人選手がメジャーに渡り、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への参戦で、日本球界は国際化の大きな波にさらされている。

 WBC連覇は、世界の野球の中で守備を重視して1点を守るという日本式野球を一つの新しい流れとした。その一方で、WBCによって世界の(メジャーの)野球環境にさらされた日本は、統一球の導入、ストライクゾーンの統一など、国際化の波に適応していくことを求められている。

 だとすれば……。

 マウンドを傾斜が大きくて固い国際基準にすることも、一つの必然ではないだろうか。

 そうなったときには「下半身で粘って投げろ!」という日本のピッチングの常識は、改めて検証する必要がでてくるのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
澤村拓一
斎藤佑樹
松坂大輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ