Number on NumberBACK NUMBER

武田勝の美しさ。
~最も“自滅”しない投手~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2011/06/29 06:00

武田勝の美しさ。~最も“自滅”しない投手~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

ダルビッシュの陰に隠れてはいるが、ダルをしのぐチームトップの防御率で好投を続けている武田勝。6月27日現在、2ゲーム差に迫ったソフトバンクからの首位奪還に向け、武田にかかる期待は大きい

「勝利投手」ほど、野球界で過大評価されている記録は他にない、と言っていい。年間で何勝したか、通算で何勝したか。しばしば、それが投手評価の最重要事として扱われる。

 投手の勝利数は、ファンにとっては興味深い記録だが、投手の価値――チームへの貢献度を計るバロメーターとしては、あくまで目安に過ぎない。勝利数を第一に考えると、9回1失点の負け投手より、5回3失点の勝ち投手の方が優れた投球ということになってしまう。さらには「勝利投手」という記録自体が、守備陣の貢献に言及していない。実際には、「勝利投手」は該当者なしで、むしろ「勝利捕手」を記録した方がいいのでは、という試合もある。だから、勝利数こそ投手の勲章といった考え方は、控えたいと思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2143文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将に学ぶ。~チームを変革する新時代リーダー論~
武田勝
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ