オリンピックへの道BACK NUMBER

上村愛子と“モーグルの女王”を争う、
地元カナダのジェニファー・ハイル。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2010/01/27 10:30

上村愛子と“モーグルの女王”を争う、地元カナダのジェニファー・ハイル。<Number Web> photograph by Shino Seki

1月に入ってW杯で4連勝している絶好調のジェニファー・ハイル。上村は、今シーズンこれまで2回の2位を記録したが……

地元開催のプレッシャーに負けず、実力を発揮できるか?

 ハイルの復調は、日本勢にとって脅威ではある。だが、エース上村愛子が昨シーズン見せたターン技術とスピードは、現在でも、やはり屈指のレベルにある。今シーズンはまだ完調とは言えないが、本来の滑りを取り戻すことができれば、十分勝負に持ち込める。

 その上でポイントになるのは、やはり、4年に一度という重圧の中で、力を出し切れるかどうかだ。

 地元ということもあり、大きな期待が集まる中でも、ハイルが本来のな滑りを見せることができるのか。そして、4大会目に悲願のメダルを狙う上村はどうか。

 両者を中心に、選手たちがバンクーバーでどのような滑りを見せるのか、注目される。

関連記事

BACK 1 2
ジェニファー・ハイル
上村愛子
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ