野球善哉BACK NUMBER

明豊・今宮と常葉橘・庄司が決闘!
ライバル物語の続きはプロで。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/08/21 12:30

明豊・今宮と常葉橘・庄司が決闘!ライバル物語の続きはプロで。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「今までで一番楽しかった」今宮。「最高の甲子園」庄司。

 試合あとの、2人のコメント。

 今宮は……

「この勝負にチームで勝ったことは先につながる。庄司との力勝負には負けたくなかった。ライバル心が強いので、打てて良かったと。好投手から打てたことはこれから先にもつながるので」と胸を張った。

 153kmを出せたのは庄司によって力を引き出されたから? という質問にも「それはある」と答え、「野球をやっていて、今までで一番楽しかった」と素直に言葉にした。

 庄司は……

「ライバル心があったので、力勝負したい気持ちがあった。たとえそれでホームランを打たれてもいい、と。試合には負けてしまったけど、最高のマウンド、最高の甲子園……本当にいい勝負ができた。今宮は僕のことを知っていたかは分かりませんが、これからも今宮にライバル心を抱きながら、上のレベルに行って、もう一度勝負したい」

2人のライバル・ストーリーは、プロ野球で再開される!

 強烈なライバル心を抱きながら激突した2人の物語。'98年夏、松坂大輔と杉内俊哉が投げ合って今日の活躍があるように、彼らもまた、ここでの対決を境に大きく成長を遂げてくれるものと期待したい。

 今日の対戦は彼らの野球人生にとって、序章に過ぎない。野球を続ける限り、彼らのライバル・ストーリーは永遠に続いていく――。

関連記事

BACK 1 2 3
秋山拓巳
庄司隼人
島袋洋奨
今宮健太
明豊高校

高校野球の前後の記事

ページトップ