野球善哉BACK NUMBER

日本シリーズ2三振の中田翔に、
来シーズン爆発の予兆を見た! 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2009/11/11 12:40

日本シリーズ2三振の中田翔に、来シーズン爆発の予兆を見た!<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

プロ入りしてフォーム改造。手首の故障に悩んだ1年目。

 プロに入り初めてのシーズンを迎えた中田は春季キャンプで一軍入りを果たす。そしてここでも中田は、高校時代からのフォームを変える荒業に出る。閉じていた左足をオープンスタンスへと戻した。キャンプ中、その変遷について、中田はこう話していた。

「高校1年の時のフォームと3年の時とを見て、シャープさがないなと。それで、ちょっとオープンにしてみようかなと思ったんです」

 結局、それは一時的なものでしかなく、また本来のスタンスへ戻すことになるのだが、通過点としては歩むべきものだったのかもしれない。1年目は手首の故障もあり、不本意なままに終えた。

二軍で本塁打&打点を量産するが、一軍では活躍できず。

 そして、今シーズン、オープン戦からの不調で開幕を二軍で迎えたあと、中田は二軍で本塁打と打点を量産、一軍へ昇格した。すると、また中田のフォームは違うものになっていた。足はほんの少し開き気味で、グリップを極端に下げる。ステップは一本足ではなく、1年前から続けているすり足。上体の力みが消えたリラックスしたフォームになっていた。

 要因は下げたグリップにあった。力を抜こうとする意識がうかがえ、中田の悪癖とされていた左脇も締められた。それがイースタンでの好結果につながった。しかし、グリップを下げるという試みは力を抜くことができるが、アッパースイングになる弊害を招いた。グリップを下げた状態から始動するために、バットが下からでるのだ。そのため一軍では二軍ほどの成績は収められなかった。その後も、中田は一、二軍を行き来したが、結局、一軍では持ち味の長打力を発揮するまでにはいかなかった。

CS直前に再びフォーム改造。来季爆発への準備は整った!

 教育リーグを挟んで、CSを前に中田は一軍に合流する。

 そして日本シリーズで例の“2打席”を迎え、変貌した姿を見せた。

 ここへきて、なぜ、彼がフォームを変えたのかは分からない。新たな出会いがあったのか、自ら編み出した末に、たどり着いたものなのか。少なくとも言えるのは、イースタンの好成績がありながらのフォームの改造は、彼のバッティングへの意識の高さを象徴しているといえるだろう。それは、高校時代から積み上げられてきたものである。

 だからこそ、確信したのだ。

 中田が来年には爆発するのではないかという予感めいたものが、日本シリーズでのあの2打席にはあったのである。

関連記事

BACK 1 2
中田翔
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ