Number ExBACK NUMBER

遠藤保仁 「そろそろガムシャラ!」 

text by

藤沼正明

藤沼正明Masaaki Fujinuma

PROFILE

posted2004/06/03 00:00

陰の存在から、閉塞状況を打破するキーマンへ。

 遠藤は、もともと黒子に徹してきた選手ではなかった。鹿児島実業高校ではゲームメイカーとして中盤を自由に動き回り、攻撃を形作っていたし、プロとして最初に所属した横浜フリューゲルス(当時)時代には、いわばウイングとして攻撃的な役割を任された時期もある。ただ、ユース時代の同期に強力なライバルがいたため、周囲とのバランスを取ろうとしているうちに、ごく自然に現在のスタイルを身につけるようになった。Jリーグではともかく、こと代表に関するかぎり、“陰”の存在に徹することで周囲の信頼を勝ち取ってきたのだ。

 遠藤の才能は、チームメイトの誰もが認めている。ただ、その役回りゆえに、称賛してくれる仲間ほど華やかなキャリアを、彼は持っていない。'99年のワールドユースには出場したものの、シドニー・オリンピックではバックアッププレイヤーになり、トゥルシエ監督の時代には、ついにAキャップを刻むことができなかった。小野、稲本、高原(直泰)など、'99年のワールドユース組を俗に黄金世代と呼ぶが、そのなかにあって遠藤は、不幸にも“地味な存在”にとどまってきた選手といえるだろう。

 だが、ワールドカップのアジア予選がスタートしたいま、彼の置かれた状況はずいぶんと変ってきている。ジーコ監督のもと、日本は能力に富んだメンバーをスタメンにそろえてきたが、期待したほどには、成果が上がっていない。おりから海外組と国内組という構図で選手起用が議論されるなか、バイプレイヤーとして着々と評価を高めてきた遠藤は、現状を好転させるキーマンに浮上しつつある。つまり、代表の先発を勝ち取る好機が、彼にも訪れているのだ。

「どうしても出せ、とまではいえないっすけど、出してください! とはいつも思ってますよ(苦笑)」

 やや控えめな言い回しになるのは、当該ポジションに自分も認めるライバルがいるからである。言うまでもなく、監督の信頼が厚い中田、中村、小野、稲本の4人だ。

「やっぱ最強の4人でしょう。ひとりひとりの個人的なレベルでいえば。まあ昔のことはよく知りませんけど、きっと日本代表で歴代最強の4人だと思いますよ」

 だからこそ、と遠藤は続ける。

「ボクらは、監督をどんどん悩ませてやらなきゃって思いますね。監督が海外組を信頼する気持ちは分かります。でも、そこで国内組がアピールして、どんどん監督を悩ませる。そのうえで出てくる答えなら、みんな納得するでしょう。じつはそういった状況が理想で、監督もそうなってほしいと思ってるんじゃないかって感じますよ」

 ベンチウォーマーからの脱却を望みつつ、それでいて先発の座を与えてくれないジーコに憤懣を抱かないのがなんとも面白い。

「最初から先発に決まってたら面白くないですしね」

(以下、Number603号へ)

代表SHUFFLE!New Blood, Next Phase

Sports Graphic Number 603

代表SHUFFLE!
New Blood, Next Phase

 

BACK 1 2
遠藤保仁
ガンバ大阪

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ