SCORE CARDBACK NUMBER

U―22代表を包む停滞感の原因は? 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2007/10/04 00:00

U―22代表を包む停滞感の原因は?<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

 U―17、U―20、A代表が、今年の最大目標だった大会を終え、これからの関心は、U―22代表に集まりそうだ。現在のところ、北京五輪アジア最終予選は全6試合のうち半分を終え、2勝1分と、上々の結果を残している。

 とはいえ、今年、4世代すべての日本代表を見て思うのは、U―22代表だけが異質なサッカーをしている、ということだ。他の「人とボールが動くサッカー」に遠く及ばない、「人が動かず、ボールは前に進まないサッカー」である。

 先日のカタール戦(国立)も相変わらずだった。中盤は、足元でボールを受けに下がってくるだけで、「その次」を狙って前へ動き出す選手がいない。クサビの縦パスが通ってもサポートがないから、簡単に潰される。DFラインにしてもパス回しに相手の守備をずらすという狙いがなく、無造作に中盤へボールを入れてはカットされる。結局、家長昭博が独力でチャンスを作るしかなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 512文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[富士日本GPスペシャル]闘争白書。

Sports Graphic Number 688

[富士日本GPスペシャル]
闘争白書。

 

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ