SCORE CARDBACK NUMBER

あの「名作」の復活で、競技人口の拡大なるか。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

posted2004/09/09 00:00

 日本ラグビー協会のスタッフは9月18日を心待ちにしている。2年目のトップリーグが開幕するこの日は、同時に映画『スクール・ウォーズHERO』が全国60の映画館で封切られる日なのだ。

 20年前。元日本代表の山口良治監督のもとで高校ラグビー日本一に輝いた伏見工をモデルに、薄幸の少年イソップ、純情ワルの大木、白馬に乗った伊藤かずえ、赤いブルマの岡田奈々など虚実多彩なキャラクターを配したTBSドラマ『スクール★ウォーズ』は、最高視聴率20%を超えるヒット。さらにほぼ隔年ペースで行われた再放送の翌春は高校ラグビー部の新入部員が激増するという法則まで確立した。やがてラグビー人気が下降線を辿り、部員不足で大会を辞退する高校が続出した'90年代後半には、当時の日本協会・金野滋会長が「高校の監督たちから『スクール★ウォーズ』の再放送をTV局に働きかけてくれと頼まれてるんだ」とこぼしていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

アテネ五輪特別編集THE GOLDEN DAYS

Sports Graphic Number 610

アテネ五輪特別編集
THE GOLDEN DAYS

 

ラグビーの前後の記事

ページトップ