SCORE CARDBACK NUMBER

弱小チームを変革した
名将L・ブラウンの手腕。
――NBAの“再生工場” 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byJMPA

posted2009/04/28 06:00

弱小チームを変革した名将L・ブラウンの手腕。――NBAの“再生工場”<Number Web> photograph by JMPA

 勝率が5割を下回り、プレイオフにも出られないチームのヘッドコーチでも、コーチ・オブ・ザ・イヤーの資格があるだろうか。以前なら躊躇なく「ない」と言い切ったところだが、今季ラリー・ブラウンがシャーロット・ボブキャッツで成し遂げたことを見ると、チーム成績は重要な基準ではないと思うのだ。

 去年4月、ブラウンがヘッドコーチに就いたとき、ボブキャッツは32勝50敗でシーズンを終え、チーム創設から4年連続でプレイオフを逃したところだった。今シーズンのボブキャッツは、4月6日、シーズン5試合を残した段階で34勝43敗。昨シーズンよりは成績を上げ、チーム史上最高成績を確実にしているとは言うものの、勝ち星が飛躍的に増えたわけでもなく、プレイオフ出場の可能性も低い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本サッカー特集]FW再考。

Sports Graphic Number 727

[日本サッカー特集]
FW再考。

 

ラリー・ブラウン
シャーロット・ボブキャッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ