SCORE CARDBACK NUMBER

闘莉王をFWで起用することの現実度。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2008/09/04 00:00

闘莉王をFWで起用することの現実度。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 これまで日本代表の決定力不足が問題になるたびに、たくさんのファンがこう考えたのではないだろうか。

 「闘莉王をFWにすべきだ」

 日本のFWはフィジカルが弱いし、どうもゴールへの執着を感じられない。ならばいっそのこと、この2つを兼ね備える闘莉王をDFからFWにコンバートしてはどうか、と。

 かく言う筆者も、闘莉王FW論の支持者である。ただし、心のどこかで「そんな戦術見たことがない」という“常識”がブレーキをかけ、飲み屋のヨタ話としてならいざしらず、声を大にして言う自信を持てなかった。

 しかし、こうした奇策を堂々と実践している監督がドイツにいる。今季ケルンをブンデスリーガ1部に昇格させたダウム監督である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック総集編]歴史を越えた者たち。

関連記事

田中マルクス闘莉王

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ