SCORE CARDBACK NUMBER

キャブス敗退の陰にある、若きエースの苦悩と努力。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/06/12 00:00

 努力さえすれば常に前進できることが約束されているのなら、どれだけ楽だろうか。自分が成長すればそれにあわせてチームも強くなるとわかっていたら、どれだけ簡単なことだろうか。

 1年前、22歳の若さながらチームのエースとしてクリーブランド・キャバリアーズをNBAファイナルに導いたレブロン・ジェイムス。ファイナルで力及ばず、外からのシュート力不足という彼自身の弱点をさらけ出して敗れると、夏の間中、徹底的にシュート練習に励んだ。

 「ファイナルを支配できなかったことは悔しかったが、それは僕が人間であるということ、もっと成長できるということだ」とジェイムスは言っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 623文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[欧州選手権プレビュー]彼らが賭すもの。
クリーブランド・キャバリアーズ
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ