SCORE CARDBACK NUMBER

コービーの言葉が招いた、レイカーズの精神的成長。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/05/29 00:00

 「私はコービー・ブライアント、チームのキャプテンの1人です。優勝するためにプレーしています」

 コービー・ブライアントはそれだけ言うと、着席した。

 去年10月、ハワイで行われたロサンゼルス・レイカーズのトレーニングキャンプ初日、チーム・ミーティングでのこと。夏の間に崩壊しかけたチームをまとめる第一歩として、ヘッドコーチのフィル・ジャクソンは選手全員に自己紹介をさせたのだった。

 1年前の春、このままでは何年たっても優勝できるチームにならないと思ったブライアントは、チームにトレード要求をつきつけた。チームも一時はトレードの道を探っていたが、条件が合うトレード先が見つからないままキャンプインしていた。そんな状況下だっただけに、ブライアントの言葉は短いながらもいくつものメッセージを含んでいた。それをチャレンジだと受け止めるか、トレード要求の続きだと思うか、それは受け止める側次第でもあった。そして、レイカーズのチームメイトたちは前者の受け止め方をした。半数近くが20代前半と若いが、負けん気だけはブライアントに劣らないものを持っていたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 414文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

コービー・ブライアント
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ