SCORE CARDBACK NUMBER

コービーの言葉が招いた、レイカーズの精神的成長。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/05/29 00:00

 「私はコービー・ブライアント、チームのキャプテンの1人です。優勝するためにプレーしています」

 コービー・ブライアントはそれだけ言うと、着席した。

 去年10月、ハワイで行われたロサンゼルス・レイカーズのトレーニングキャンプ初日、チーム・ミーティングでのこと。夏の間に崩壊しかけたチームをまとめる第一歩として、ヘッドコーチのフィル・ジャクソンは選手全員に自己紹介をさせたのだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

コービー・ブライアント
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ