SCORE CARDBACK NUMBER

ポール・ピアス少年が、
想像もしなかった現実。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/06/26 00:00

 子供の頃の「絶対」ほどあてにならないものはない。人生では子供の想像を越えたことが起こるものなのだ。

 約20年前、ポール・ピアス少年はバスケ仲間と共に「大きくなって、もしNBA選手になれても絶対にセルティックスには入らない」と誓い合っていた。何しろ、ピアス少年が育ったロサンゼルス近郊のイングルウッドは、ロサンゼルス・レイカーズが当時本拠地としていた町。当然ピアスも彼の仲間も大のレイカーズ・ファンで、当時レイカーズにとって最大のライバルだったボストン・セルティックスは憎むべき敵だったのだ。

 しかし運命のいたずらか、'98年ドラフトでピアスを指名したのはセルティックスだった。長い低迷期に入っていたセルティックスは、以来何度もチームを作り変え、選手を入れ替えてきたが、ピアスだけはこの10年、変わらずセルティックスのユニフォームを着続けている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 543文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[W杯アジア予選詳報]2008年型日本代表論。

関連記事

ボストン・セルティックス
ポール・ピアース

バスケットボールの前後の記事

ページトップ