SCORE CARDBACK NUMBER

最高峰クラス6連覇へ、王者ロッシ死角なし。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2006/03/09 00:00

最高峰クラス6連覇へ、王者ロッシ死角なし。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

 開幕まで1カ月。ここまでのMotoGP合同テストを振り返ると、ワークス勢の力が拮抗し、これまでにない混戦模様となっている。事実、テストの結果をリザルトという数字だけで見れば、トップタイムをマークする選手がめまぐるしく替わっている。その一方で、6連覇を狙うV・ロッシが、リザルト上では、それほどの強さを感じさせていない。その理由は、常に上位にいるのだが、トップに立つことが少ないからである。

 しかし、これが調子のいいときのロッシのやりかたである。彼のテストの進め方の特徴は、サーキットをいくつかのパートに区切ることから始まる。そのパートをひとつひとつ順に攻略、すべての区間が完璧に仕上がったところでロングランをこなす、というものだ。常に照準はレース。テストでは予選タイヤを使うことを好まない。そのために、ベストタイムこそライバルに譲ることが多いものの、内容では常にライバルを圧倒してきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 521文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[トリノ冬季五輪総集編]聖なる煌めき。

MotoGPの前後の記事

ページトップ