SCORE CARDBACK NUMBER

悲願の日本一を達成し、
三洋・宮本監督が勇退。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2008/04/17 00:00

悲願の日本一を達成し、三洋・宮本監督が勇退。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 「大丈夫か? 清宮の罠にかかってるんと違うか?」

 日本選手権決勝の前、三洋電機の宮本勝文監督は多くの人に聞かれたという。

 マイクロソフト杯を制したサントリーの清宮克幸監督が「三洋がリーグ戦で勝ったのはたまたま」と言い放ち、日本選手権決勝での再戦が決まると宮本監督が「FW戦にこだわるサントリーは弱者の戦法」と言い返す──盛り上がる舌戦を「清宮監督の土俵なのでは?」と案じる人に、宮本監督は笑って答えた。

 「僕が今まで、世界中の相手とどれだけやりあってきたと思ってるの?」

 '94年に28歳で引退し、香港へ赴任した元日本代表FLは、三洋の携帯電話を日本メーカーで初めて香港に参入させ、赤字だった現地法人を3年で黒字化。帰国後は中国・アジアの責任者を任され、インド、中東、アフリカまで38カ国を回り、「華僑、印僑、アラブの商人を相手に毎日、切った張ったの勝負を」繰り広げた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 531文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[PACIFIC LEAGUE SENSATION]熱パを揺らせ!
宮本勝文
清宮克幸
三洋電機ワイルドナイツ

ラグビーの前後の記事

ページトップ