SCORE CARDBACK NUMBER

「夏」が「冬」を変える。大菅小百合の挑戦。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/12/28 00:00

 アテネ五輪で自転車競技に出場した大菅小百合(三協精機)が、本職のスピードスケートでも活躍している。'04 ―'05シーズンのW杯短距離開幕戦となった長野大会(12月4、5日)女子500mでは38秒13の国内最高記録をマークし、'02年12月の長野大会以来、2年ぶり2度目のW杯優勝を飾った。「正直、今季は間に合わないと思っていた」という大菅は喜びのあまり観客に向かって投げキスまでサービス。翌週の中国ハルビン大会でも初日に38秒87を出して3位に食い込むなど、ブランクを感じさせない滑りで周囲を安心させた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

アテネ五輪
トリノ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ