SCORE CARDBACK NUMBER

新鋭、若手、ベテラン、それぞれの冬がスタート。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2004/11/18 00:00

 いよいよ雪と氷の季節がやってきた。'06年2月のトリノ五輪まであと1年3カ月。プレシーズンとなる今季は各選手にとって大事な大会が続く。'84年のサラエボ五輪から6大会連続でメダルを獲得しているお家芸のスピードスケートも、10月30、31日の全日本距離別選手権(長野エムウェーブ)で開幕。新鋭とベテランがそれぞれの思いを胸に熱戦を繰り広げた。

 初日に注目を集めたのは女子短距離の吉井小百合(三協精機)だった。まだ社会人2年目の19歳ながら、女子500mで前年覇者の新谷志保美(竹村製作所)を抑え、38秒71で堂々トップに立った。「結構いいタイムだと思ってドキドキしながら後のレースを見ていた」という談話が初々しかったが、翌日の2回目も38秒87をマーク。2回目の順位では新谷にトップを譲ったものの、合計1分17秒58で見事に初優勝を飾った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 557文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表インタビュー特集 ある結実。
トリノ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ