SCORE CARDBACK NUMBER

岡田監督と本田圭佑の
サッカー観の隔たり。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byKiminori Sawada

posted2009/02/26 00:00

岡田監督と本田圭佑のサッカー観の隔たり。<Number Web> photograph by Kiminori Sawada

 2月11日のオーストラリア戦のメンバーに、本田圭佑の姿はなかった。1月下旬のバーレーン戦で久しぶりに招集されながら、岡田監督の期待に応えられなかったからだろう。

 しかし、ぶっつけ本番に近い形で臨んだバーレーン戦で、こういう結果になることはある程度予想できた。本田がフェンローでやっているサッカーと、日本代表のサッカーがあまりにも違うからだ。

 今季、オランダ2部において、本田は11ゴールをあげている(25節時点)。いったい、なぜか? 2部というレベルを差し引いてもあまりあるほどに、成長したものがあるからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[チャンピオンズリーグ特集]攻撃者の美学。

関連記事

本田圭佑
岡田武史
VVVフェンロ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ