SCORE CARDBACK NUMBER

新ヤンキースタジアムは
「聖地」となり得るか。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/07/24 06:00

新ヤンキースタジアムは「聖地」となり得るか。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

本塁打が出やすいのも話題。ヤンキースの本塁打数125本(7月6日現在)はリーグトップだ

 新旧二面性を持つ球場――85年もの歴史に幕を閉じた旧ヤンキースタジアムに代わり、16億ドルをかけて完成した新球場を訪ね、そんな印象を持った。

 今季に入り、新球場は常に話題の的だった。記者同士では「行ってみた?」という会話が日常茶飯事。テレビでも新球場を探訪するレポートが流れるあたり、さすが“聖地”と称された特別な場所だ。すでにプレーした選手からは「足を踏み入れた瞬間、前の球場にいるかのような錯覚に陥った」という感想を聞いていた。

 実際に旧スタジアムを踏襲した部分は多い。サイズや形状は受け継がれ、外観も先代を十二分に想起させる設(しつら)えになっている。一方で新しい設備も満載。野球を文化と自認するアメリカらしく、絵画を販売するギャラリーやメモラビリア(記念品)店も軒を連ね、老若男女が飽きない工夫がそこかしこに凝らされている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後のコラム

ページトップ