SCORE CARDBACK NUMBER

元祖イタリアの天才、ついに現役引退か? 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

posted2005/12/08 00:00

 トップライダーとして長らく君臨してきたM・ビアッジが、最終戦バレンシアGPを最後にシートを失った。ビアッジは今季、ホンダのワークスチーム「レプソル・ホンダ」へ移籍。無敵を誇るヤマハのV・ロッシの対抗馬として、その活躍が期待された。しかし、優勝はなく、わずか4回の表彰台で総合5位に終わった。即戦力として期待されていただけに、振るわない成績により来季のチーム残留の可能性は消滅した。

 しかし、チャンピオンを取る力がなくなったとはいえ、ある程度、結果を計算できる実力は魅力的で、スポンサーの後押しもあり、来季はホンダのサテライトチーム「ホンダ・ポンス」へ移籍すると見られていた。しかし、バレンシアGPで「ホンダ・ポンス」は、22歳の新鋭C・ストーナーの起用を決めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 584文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

World Cup Germany 2006 Countdown 1 ドイツW杯出場32ヵ国決定。 選ばれし者たち The 32 Survivors for Germany

MotoGPの前後の記事

ページトップ