SCORE CARDBACK NUMBER

ツインズを勢いづけた、新人リリアーノの強心臓。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2006/07/24 00:00

ツインズを勢いづけた、新人リリアーノの強心臓。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 「もう一人のヨハン」の声が上がれば、「左のペドロ」と表現するメディアもある。また、「スライダーの威力はランディの全盛期」と、絶賛するコラムニストもいる。言うまでもなく、ヨハンは同じツインズの大黒柱サンタナであり、ペドロはサイ・ヤング賞3回のマルチネス、そしてランディとはあのジョンソンのことだ。

 今年は新人の大当たり年、球界にビッグウェーブが押し寄せていることを実感するが、その代表の一人がフランシスコ・リリアーノだ。ドミニカ出身の22歳は、最速98マイルのファストボール、90マイルの高速スライダー、カーブ、チェンジアップを豪快に投げ分け、9勝1敗、防御率1.99(7月3日現在)という抜群の成績を残しているのだ。しかも、1イニングに1個以上の奪三振を記録している。その凄さを表すために3人のビッグネームが必要なのもうなずける。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 557文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯 死闘のフィナーレWorld Cup Germany 2006 The Final

MLBの前後の記事

ページトップ