SCORE CARDBACK NUMBER

佐藤琢磨がトロロッソと契約に
到らなかった深層。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2009/02/26 00:00

佐藤琢磨がトロロッソと契約に到らなかった深層。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

 結局トロロッソは佐藤琢磨との'09年レギュラー契約に到らず、2月6日、S・ブルデーの残留が正式に発表された。日本人として過去最高の14戦に入賞し通算44ポイントを上げ、'04年のアメリカGPでフェラーリ勢のM・シューマッハ、R・バリチェロらと対等に争って表彰台3位に輝いた“エース”の復帰はこれで厳しくなった。

 すでに8チーム16人のシートが決定した後の1月9日、トロロッソはまず新人S・ブエミを発表し、もう一人の選択にはずいぶん時間をかけた。琢磨かブルデーか、日本だけでなくブルデーの母国フランスでも注目され、ヨーロッパでも琢磨のほうが優勢という見方が強かったのだが……。発表の際に琢磨“落選”に関するチームのコメントはなく、フランス国内では「持ち込めるスポンサー・フィーで上回ったから逆転契約できた」と受けとめられたようだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[チャンピオンズリーグ特集]攻撃者の美学。
佐藤琢磨

F1の前後の記事

ページトップ